PAGE
TOP

新宿駅サザンテラス口より徒歩4分 内科、婦人科、乳腺科、人間ドック、健康診断

久野マインズタワークリニック
久野マインズタワークリニック

【予約受付】月~土 9:00〜17:30 
*電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。

【予約受付】月~土 9:00〜17:30 
*電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。

病気と健康

未知の働きも多い腸内細菌

大腸には300種類以上の腸内細菌がいる

人間の腸に生息可能な細菌は300種類以上あると見られますが、大腸にはその中で100種類・100兆個の細菌が棲みついています。どんな菌がどれだけ棲みつくかは、その人の食生活や環境、体調に左右されます。できるだけ多種で多くの菌が棲みつくことが望ましいのです。

腸内細菌の「善玉菌」と「悪玉菌」

腸内細菌は、人間にとってよい働きをする「善玉菌」と、悪い働きをする「悪玉菌」とに分けられます。ビフィズス菌、ラクトバチルス菌などは善玉菌、ウェルシュ菌などは悪玉菌とされています。
善玉菌は次のような作用をします。

  • 人間の身体を病原菌の感染から守る
  • 腸内での腐敗を抑え、腸内環境をきれいにする
  • 発酵によって乳酸、酢酸、酪酸等の有機酸を作り、腸粘膜の状態をよくしたり腸内環境をきれいにする
  • 便秘を防ぐ
  • 免疫システムを強化し、身体の抵抗力を高める
  • ビタミンB群を作る
  • 下痢の予防と治療をする
  • 発ガン物質を分解する

これに対して悪玉菌は、たんぱく質やアミノ酸を腐敗させてアンモニア、アミン、フェノール、インドール、スカトール、硫酸水素、ニトロソ化合物といった、老化や病気の原因になる有害物質を生成します。腸に悪玉菌が多いと直腸ガンになりやすいのです。大腸ガンでは、腸内細菌が作る二次胆汁酸がガン促進因子になることが知られています。また、アミノ酸の中には、細菌によってガン促進因子になるものがあります。

善玉菌の栄養となるのは、植物性の食物繊維、デンプン、オリゴ糖などです。消化が良いものばかりだと、大腸の善玉菌まで栄養が届かず、腸の粘膜も薄く弱くなってしまいます。悪玉菌の栄養になるのは、動物性の脂肪やたんぱく質です。健康を保つには、悪玉菌の栄養になる食べ物をできるだけ控え、善玉菌の栄養になるものを摂ることです。

腸内細菌と食事とは密接な関係があります。どのようなものを食べるかで、腸内細菌のバランスは変わってしまいます。細菌は善玉菌を増やす食品として、発酵食品の効能が注目されています。日本食では納豆、ぬか漬、粕漬、味噌、醤油、クサヤなどが発酵食品の代表的なものです。外国では、チーズ、ヨーグルトなどが知られています。このような伝統食としての発酵食品を見直すことで、善玉菌が働きやすくなるような腸内環境を作っていきたいものです。