PAGE
TOP

新宿駅サザンテラス口より徒歩4分 内科、婦人科、乳腺科、人間ドック、健康診断

久野マインズタワークリニック
久野マインズタワークリニック

【予約受付】月~土 9:00〜17:30 
*電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。

【予約受付】月~土 9:00〜17:30 
*電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします。

病気と健康

体の構造と機能 消化器システム

消化器システムの役割

消化器システムは、体内を通る外部環境である口、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門からなる消化器と、それにつながる肝臓、胆道系、脾臓で校正されています。

外界から非自己である食物を取込んで消化し、自己化します。この際取込んだ栄養素と、町内に共生している細菌が作る栄養素とを吸収し、代謝して、諸臓器・組織の構造や機能の維持とエネルギーの発生とに必要な諸栄養素を製造し、貯蔵する役割を分担しています。

また、脳でよい食物を選択し、唾液や胃液、腸内細菌によって有害物を処理し、腸内環境をきれいにし、血液など体内環境を守るフィルターの役割もしています。

咀嚼

口に入れた食物をよく咀嚼することで、消化の第一段階としての準備が始まります。咀嚼は種々の意味を持っていて大切です。

そに第一は、単に噛み砕くだけでなく、唾液とよく混ぜ合わせることです。よく咀嚼することで、よい唾液が得られ、脳が賦活されます。

口内では「よい唾液を出す」「噛み砕き撹拌する」「口内のセンサーで食物の種類を把握する」といったことが行われます。よい唾液には、消化酵素だけでなく、若返りのホルモンや発ガン物質の中和物質も含まれています。また、よく咀嚼することで口内の環境が良好になり、虫歯や歯周病が予防されます。

さらに、咀嚼をしている間に、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸が順次動き始め、口の中の食物に合わせて消化液等が用意され、消化吸収の準備が行われます。

消化管からの吸収

胃では、咀嚼された食物を一時的に蓄えてさらに撹拌し、酸や消化酵素を混ぜながら液状にしています。消毒、解毒、消化などが行われていると思われます。そして、消化しやすい状態にした混合物を、少しずつ十二指腸へ送り出します。胃酸はまた消化管ホルモンを出すための刺激となり、脾臓と胆嚢から膵液や胆汁を出させます。

十二指腸では、胃からの酸性の混合物を膵臓の重炭酸塩で中和し、膵臓からの中性ないし弱アルカリ性で働く消化酵素が小腸以下で消化の働きをするのを助けます。また、胃からの消化管ホルモンの刺激で胆汁が出され、脂肪を鹸化して消化しやすくします。

小腸や大腸では消化をしながら栄養素や水分を吸収します。腸は全部を延ばすとその表面はテニスコート3面分もあり、吸収能率を高めています。同時に、不要物を排泄する役割もしています。腸内には数100種類、100兆個の細菌が共生してくれていて、バリアと栄養の補給の役割をしています。

消化器システムの評価

構造的には
内視鏡、超音波、MRI、CTによって行います。
機能的には
血液検査によって行います。